昔は平凡な企業戦士、今は辣腕頑固老人の日常!

日頃の思いや鬱憤を吐露しています!

ガースーの次は誰だろう?

就任三か月で、すっかり色褪せたガースー。

首相就任の直後から、ガースーの持つ体質の危うさを懸念していた当方には、「やはり」の感が強い。

ガースーがアイヌ法案の推進者だったことが、最初の疑問符だった。

「ガースーは安倍長期政権の名官房長官だったが、果たしてトップの器か?」

そんな不安が現実になったような気分で、些か憂鬱だ。

 

ガースーは、選挙のタイミングも見誤った。

首相就任直後のご祝儀相場で人気があった時、一気呵成に総選挙に突入すれば大勝間違いなしだった。

それを「選挙には何か手土産持参で」と、躊躇したのが悪手だった。

NHK受信料や携帯料金の値下げは実現したが、武漢肺炎感染拡大で全てが吹っ飛んでしまった。

確かに武漢肺炎対策は、全てが後手後手で裏目に出た。

 

尤も、これには若干同情が必要だ。

武漢肺炎対策は、誰がやってもうまくいくわけがない。

たまたまガースー政権だったので責任を追及されているが、野党でも効果的対策が打てたはずはない。

政治は結果責任だから、ガースーが批判されるのはやむを得ないが、アメリカのトランプ同様、ついていなかった。

政権人気が落ちるのが嬉しくて仕方のないマスコミは、ガースー失速で「ガースーでは選挙に勝てない」と、自民党内が姦しいと伝える。

そしてさっそく、ポスト・ガースー候補者の人気投票を実施した。

 

ところが、そこで名の挙がった次の総裁候補の顔ぶれがひどい。

絶対に納得できないメンバーが、ズラリと並んでいた。

 1位  河野太郎     女系天皇夫婦別姓の理解者

 2位  石破茂                  こんなヤツが上位?

 3位  ガースー               まァ、こんなところ

 4位  安倍ちゃん            体調不安と桜を見る会問題再燃が痛い

 4位  小泉進次郎           こんなのが上位の意味が分からん

 6位  枝野幸男               鳩山菅野田悪夢の再来で話しにならん

 7位  小池百合子           都知事として無能さ全開中

 7位  橋下徹                  本質は反日分子

 9位  岸田文雄               まだ名前が挙がるのが不思議

10位  吉村洋文             超小者

 

エエッ、これが日本の総理大臣候補?!

いくら毎日新聞の調査とは言え、もうちょっといいのはいないのか!

 

何をやりたいのか分からない、河野太郎小泉進次郎

能力面だけでなく、人間性すら疑問視される小池百合子石破茂

明らかに間違った方向性を考えている、橋下徹や吉村洋文。

どれもこれも一長一短なら未だしも、0長多短メンバーばかりだ。

こんな政治家が国家指導者なら、大袈裟ではなくて日本は終わりだ。

 

個人的には、安倍晋三再出馬が一番望ましい。

この10人の中で、唯一国家観が明確だからだ。

安倍晋三の国家観は賛否があるが、それは選挙で決着すればいい。

しかし安倍チャンは、この間の国会で、結果的に「桜を見る会」を巡る虚偽答弁を繰り消した、政治的傷が未だ癒えていない。

それ以上に、総理大臣辞任に追い込まれた持病が、完治していない。

これ以上の無理強いは、体力的に難しいのではないだろうか。

 

ガースー失速の最大の理由は、下手糞だった武漢肺炎対策だが、これは先の述べたように、誰がやってもうまくいくものではない。

国会には、常にガースーの政策の足を引っ張るだけの野党がいる。

反ガースーの世論操作を繰り前す、マスコミが立ちはだかる。

そんな風潮に簡単に影響されてしまう、一定数の国民がいる。

そうである以上、台湾で成功した強行封じ込め作戦はとれない。

 

ガースー政権でスマホ料金は下がったし、NHK受信料も下がる。

バカチン韓国が無茶苦茶判決を出しても、一切取り合わない、

新任の、知日だが超反日の韓国大使・姜昌一との面会も見送った。

文在寅が日本にすり寄り始めても、バカチンに対しては毅然とした態度をとり続けているのだ。

 

贅沢を言えば切りがない。

確かに不満点もあるが、頑張っていると評価するべき点もある。

それなら、安倍晋三を除けば、残りのアンポンタン候補者連中よりも、ガースーの方が百万倍いい。

 

安倍晋三が完全復活する日まで、それが無理なら、安倍晋三のお眼鏡に適う人材が出てくるまで、ガースーに頑張って貰うしか道はない。

ガースーの前には安倍がいたが、ガースーの後には人がいない。