昔は平凡な企業戦士、今は辣腕頑固老人の日常!

日頃の思いや鬱憤を吐露しています!

森喜朗の失言と東京オリンピック開催

森喜朗がまたもやらかした。

よくよく聞くと、決して女性差別発言ではない。

森喜朗に好意的な側から見れば、全く取るに足らない発言だ。

しかし「女性が多いと会議が長くなる」とは間違いなく喋っているし、その部分を切り取られると騒ぎとなる。

今までも何度も繰り返された光景だが、本人には全く悪気がないし、サービス精神が旺盛なので、始末が悪い。

 

ただ、その後の謝罪会見にしてもテレビ生出演にしても、森喜朗は原稿もカンペもなしで、質問にも的確に答えている。

全く、ボケ症状はない。

しかも、並み居るIOC貴族の悪党たちと、差しでやり合える日本側の委員は、森喜朗をおいて他にいない。

何せ、賄賂や裏金、騙し合いが横行するIOCが相手だ。

IOCなど気取って入るが、崇高な五輪憲章の下に平和の祭典などを開催するには、最も不向きな連中が跋扈する世界だ。

腹黒い委員たちを相手に丁々発止やり合って、日本にとって好都合の条件を引き出せる委員が、森喜朗以外にいないのだ。

 

ちょっと昔の話だが、極めて印象的なシーンを思い出した。

ちょうど小池百合子都知事に当選した直後に、人気絶頂を背景にオリンピック会場を変えようと画策したことがある。

自民党森喜朗ブラックボックス呼ばわりし、その顔に泥を塗るため、小池はボート会場の決定プロセスに疑惑があると騒いだ。

そして、復興五輪のシンボルとして、宮城県の会場を目指した。

そこでIOCバッハ会長との直談判の場で「支持率80%の意見として」と、会場変更を切り出した。

ところがバッハは、小池の一世一代の芝居がかった要望を「決まったことを変えるのは良くない」と、にべなく軽く一蹴した。

この直後、バッハと森喜朗は、肩を抱き合うように退場していった。

日本中で絶賛され、人気沸騰状態だった小池劇場スタイルが、国際組織IOCには全く通用しなかった。

同時に、IOC委員たちの結束の固さが知れ渡った瞬間だった。

 

いつものことではあるが、マスコミの森喜朗発言追及は厳しい。

将に、鬼の首でも取ったようだ。

中には「世界が疑問」とかの、大袈裟なタイトルまでついている。

宿敵、小池百合子は早速森発言に文句をつけ「重大事態に直面した」と、暗に組織委員会会長辞任を要求する抜け目なさだ。

他にも、有力選手たちのコメントとして「森発言は不適切、不穏当で残念至極」などが、ズラリと並んで報道されている。

 

しかし、武漢肺炎再燃に苦しんでいる世界が、東京五輪について、さほど高い関心があるはずがない。

「オリンピックどころではない」のが実感のはずだ。

それなのに、世界中が森発言に懸念や不満を漏らしているように言うのは、日本マスコミの印象操作そのものだ。

あたかも森喜朗辞任が世界の正義との世論作りだが、そこで言う「世界中が要求」とは、単に自分たちの願望なのだ。

 

更に、山下泰裕JOC委員長以下、関係者のほぼ全員が森喜朗発言を直接、間接に批判するから、マスコミは我が意を得たりとなる。

森喜朗を庇う発言をする著名人は、ネット投稿以外にはゼロだ。

森喜朗もすっかり嫌気がさしているだろうが、さりとて後釜がいるわけでもないので、辞めたくてもやめられないのが実態だろう。

 

こんな状況で、果たして東京五輪は開催できるのか?

ここまで叩かれても森喜朗は、五輪開催への尽力を求められるのか?

 

森喜朗は、何が何でも東京五輪を成功させようと執念を燃やしてる。

それは日本の信用、国益の為であり、何よりも選手を思ってだ。

しかしそんな親心を、日本人も選手たちも知らない。

勝手気ままに、マスコミの扇動に乗って、森喜朗を攻撃している。

肝心のJOC幹部クラスでさえ、森喜朗発言の切り抜き報道の世論に阿って、森喜朗の揚げ足取りに躍起ではないか。

 

東京五輪に人生の全てをかけて、やっと参加資格を取った選手たちの思いを最優先するべきとの意見も承知している。

しかし、僕が森喜朗の立場なら「ナラ、後は君たちで勝手にやれ」と、椅子をけ飛ばすだろう。

 

実は、日本側から五輪を辞退すれば、IOCに莫大な賠償金を払わなければならないので、この選択肢はあり得ない。

武漢肺炎の行く末は、誰にも分からない。

救世主のはずのワクチンも、日本の手当てが遅れたとか、後遺症の不安とかが取り沙汰されている。

そんな中で無観客オリンピックをやれば、900億円の損失らしい。

どこまで現実的なのかは知らないが、更に開催を一年延長すればなどの意見も出されている。

しかしこれらは全て、唯一決裁権のあるIOC判断に掛かっている。

仮に東京五輪開催が不可能になれば、莫大な損害が発生し、その後処理を巡ってIOCとの超ハードネゴが必至になる。

ここで森喜朗に匙を投げられたら、困り果てるのは日本側だ。

 

僕は、森喜朗を騒ぎ立てる連中の、気持ちが分からない。

女性差別反対の立場から、森発言を許せないと思っているのか?

東京五輪の失敗と、日本の国際的立場の劣化を画策しているのか?

小池百合子のように、森喜朗が嫌いで嫌いで仕方がないのか?

 

しかし、ほとんど不可能視されていた、先のラグビーワールドカップ日本開催を大成功させた一番の功労者は森喜朗だ。

台湾の李登輝元総裁の国葬で、台湾の人たちから日本が感謝されたのは、森喜朗の心のこもった弔辞だった。

東京五輪が開催されても中止されても、森喜朗の経験と知識を頼りにしなければならない状況に、変わりがある訳ではない。

 

個人的な意見だが、ここまで予定と目論見が狂った東京五輪は、もう開催しなくても良いのではと思っている。

期待していた五輪経済効果は、捕らぬ狸の皮算用になってしまった。

且つどの大会でも、五輪終了後は深刻な不況に直面している。

オリンピックは、思われているほど美味しい大会ではない。

 

森喜朗の揚げ足取りに躍起になる日本人がいて、本来なら一番感謝してくれるはずの選手たちからも批判されている。

なら森さん、無理をすることはない。

東京五輪組織委員長の座なんてブン投げて、楽になれば良い。