昔は平凡な企業戦士、今は辣腕頑固老人の日常!

日頃の思いや鬱憤を吐露しています!

人生

摺り足厳禁

年寄りの致命傷が、転倒することだ。 僕も散歩中に一度、見事なまでにひっくり返ったことがある。 前を行く爺さんの足が余りにも遅いので、カーブで追い抜こうとした途端、わずか数ミリの側溝の段差に足を取られた。 顔面と体のあちこちに擦り傷ができたが、…

夫婦喧嘩は犬も食わない

他の例を多く知っているわけではないが、我が家は比較的、夫婦喧嘩は少ない方だと思う。 昨年秋も、夫婦で東北紅葉見物に車で出かけたが、1400㎞の道中の二泊三日間、ずっと一緒だった。 勿論、風呂、トイレと寝る時は会話が途絶えるが、後は食事中も車…

自分が嫌だったことは、他人にしてはいけない

「親の小言と茄子の花は、千に一つも仇(無駄)はない」 「親の言うことをよく聞け」との格言、箴言だ。 確かにこの歳まで生きると、この言葉の意味の深さを痛感する。 「あの時親父はこう言った」とか、お袋から叱られた時のことを思い出したりするからだ。…

絶対評価と相対評価

我々俗物の不満の代表的なものが、自分の評価に対してだ。 わずかには、自分の評価を満足している人がいるかもしれないが、恐らくは90%以上が「自分は正当に評価されていない」と、不満タラタラのはずだ。 これは全て、評価が相対的なことに起因する。 実…

艱難汝を玉にす

学生時代に場末の映画館で観た「男はつらいよ」に腹を抱えて大笑いして以来、フーテンの寅さんの大ファンだった。 一時期は映画シナリオまで買い込み、寅さんの口上を覚えた。 しかし当初は、主演の渥美清の動きが機敏で、キップの良い啖呵が楽しみだったが…

面食い嫁と面食わず知人の差

仕事をリタイアする時、後輩連中が送別会を催してくれた。 その時の幹事たちは、僕に内緒で密かに我が嫁を訪ねて、会社の誰も知らない僕の日常生活や、結婚の馴れ初めについて聞き出し、サプライズ企画で参加者に公表した。 そこで、二人の結婚の切っ掛けを…

使用禁止の言葉

中国を「支那」と言うと怒られる。 中国が嫌がるかららしい。 昔のヒット曲「支那の夜」は、今では「シナの夜」。 オッカシイなぁ。 そもそも中国は、英語ではCHINAで、これは許されている。 「チャイナ」と発音されるから「支那」ではないと言い訳する…

人間は一人では生きていけないが、二人になると喧嘩する

少し前の話だが、僕の敬愛する先輩が、出張先で脳梗塞で倒れた。 三日間、意識がなかったらしい。 緊急手術とのお陰で意識は回復したが、半身不随になってしまった。 病院に見舞いに行くと、言葉も行動も思うに任せない悔しさから、すぐに泣いてしまう。 そ…

無駄と遊びのバランス

「君の考え方は合理的だ」と言われることを、一番の褒め言葉と考える知人がいる。 他人の行動を、口癖のように「それは無駄なこと」と切り捨てる。 「やること成すこと、遅すぎ」も、他人を批判する時の口癖だった。 場を和ますジョークにも笑わない。 勿論…

人類皆平等??

人類皆平等と言われる。 だから謂われない差別した人は、社会的に弾劾され、場合によっては抹殺されるまでのペナルティを課される。 しかし元々、人類は平等などではない。 生まれ落ちた直後から、不平等な環境に置かれるからだ。 先ず生まれた環境から、差…

一年の新たな門出、正月の過ごし方

昔は、正月が待ち遠しかった。 だが、正月は冥土の旅の一里塚、愛でたくもあり愛でなくもなし! そんなことを思う歳になった。 だから単純に、正月を喜ぶ気持ちにならない。 数え年ではないので、正月に一気に一歳分、歳をとるのではないが、それでも大晦日…

学問と実践

新年あけましておめでとうございます。 今年度もご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。 新年の第一弾は、恥ずかしい過去の懺悔から。 親父は、全く学歴がなかったが、独学で法律を学び、定年後に当時でも難関だった司法書士の試験に合格した。 息…

生きることと死ぬことの境界線

人間は必ず死ぬ。 人間だけではなく、生き物には全て寿命がある。 「鶴は千年亀は万年」と、鶴亀を長寿の代表のように言うが、彼らでもいつかは死ぬ。 それが、生きとし生きるモノの宿命だ。 人間は、鶴亀に比べると早死にだ。 最近は医学の発達でなかなか死…

高須克弥院長ガンバッ!

百田尚樹は、作家としては一流かもしれないが、評論家は失格だ。 この間のアメリカ大統領選についての百田の意見は、聞くに堪えないほどの、暴論と話しの摩り替えばかりだ。 直近では、百田の意見は謀略論だとの批判に「そんなこと言うヤツは、北朝鮮の拉致…

陽と陰は良いが表と裏はダメ???

JALは機内放送で「Ladies & Gentlemen」と呼びかけるのを止めたらしい。 6年前まではフツーの企業戦士で、国内はおろか海外まで飛び回るサラリーマン(今や死語?)生活だったので、飛行機はよく利用した。 世界中の航空会社が、全く違和感なくこの呼び…

メイド・イン・ジャパンと日本神道

今でこそ高品質の代名詞となった「Made in Japanメイド・イン・ジャパン」! 世界中で「日本製品なら品質トラブルは起きない」と信頼されている。 しかし僕は、日本製品が「安かろう悪かろう」の、粗悪品扱いされていた時期を知っている。 昔は、「上等舶来…

有名人の自死や不倫騒ぎ

美人女優で名高かった竹内結子が、自宅で死亡していたと臨時ニュースが流された。 享年40歳。 乳飲み子を抱えながらの自死らしく、何とも心が重くなる出来事だ。 今年の7月には、美男俳優三浦春馬も、自ら命を絶った。 竹内結子の自死の原因については、…

ワタシ弱いモノの味方です

実は、50年近いNFLのファンだ。 今年は武漢肺炎のせいで、世界中のスポーツが大幅に開幕遅れとなったが、NFLは無観客ながらも予定通りに開幕した。 大いに喜んだが、その記念すべきオープニングゲーム式典を見て驚いてしまった。 何と黒人差別への抗…

沈黙は金ではなく敗北

一時期世の中をにぎわしていた、百田尚樹対橋下徹の舌戦がすっかり陰を潜めた。 百田の質問、詰問を、橋下が無視しているからだ。 それまでの罵倒合戦が激しかったので、突然の橋下の沈黙は、世間にはどう映るのか? 恐らく後になって、橋下は「百田など相手…

差別を商売にする

たまに、差別を商売にしている人を見かける。 差別は絶対悪で、差別反対は絶対正義と信じている人が多いので、差別する側は糾弾され、差別された側は同情される。 差別商法は、それを逆手に取って「俺様を差別するなんて怪しからん、カネよこせ」みたいに、…

酒飲み

実は酒が飲めない。 全く受け付けないわけではないが、体内に少しでもアルコールが入ると、すぐに顔が赤くなる。 まるで、アルコール探知機のような体なのだ。 何たら酵素がないせいで、日本人には比較的多いらしい。 しかも遺伝子で決まっているので、後天…

偏差値が高い人と大したことない人

福島瑞穂と見ていると、偏差値と個人の能力が全く無関係に見えてくるが、 しかし現実には、偏差値は、間違いなく能力の指標と考えられている。 福島は、高校生時代の全国模試で、トップになったことがあるらしい。 卒業した大学は、日本の(偏差値)最高峰と…

メルカリ中毒

メルカリ中毒に罹った。 当方ではない、嫁の方だ。 嫁の友人が、「メルカリで小遣い稼ぎをしている」と自慢したそうな。 友人から、「着なくなった和服をメルカリに出品すると、値段をチョイと安く設定するだけで飛ぶように売れる」と吹聴され、「では私メも…

海外旅行と夫婦喧嘩

人生の後半になって、仕事の出張、遊びの旅行で、海外に出向くことが増えた。 その海外の、特にリゾートホテルに宿泊すると、日本人と欧米人の習性の違いを感じる場面に遭遇することが多い。 日本人と欧米人では、観光旅行に対する考え方が全く違う。 日本人…

昔、読んだ松本清張の傑作短編に、「顔」がある。 漢字で書けば、「貌」の方が、より原作のイメージに近い。 駆け出しの俳優が、恋人と乗車した列車の中で、恋人の知り合いに会う。 俳優とその恋人は結局うまくいかず、オトコはオンナを殺害する。 その俳優…

無理すんな、加山雄三君

つけっ放しだったテレビを何気なく見て、思わず「エエ~ッ!」と声を出した。 ひょっとしたら「ウウ~ッ!」と、押し殺した呻きだったかもしれない。 (そんなの、どっちでもいいが) 画面には、NHKの歌謡番組が流れていた。 そのオープニングに加山雄三が…

エラそうに人生訓を

僕は、人生は、 ・塞翁が馬 ・禍福は糾える縄の如し ・最後は、プラスマイナスがゼロになる と確信している。 「やり直すのならどこから?」と聞く人がいあるが、これなど愚問の典型だ。 ・今の自分が全てで、以上でも以下でもない ・人生はやり直しが利かな…

武漢肺炎とマスコミが地域社会を破壊する

掛りつけの病院に出かけた嫁が、プリプリ怒って帰宅した。 何でも病院で、実に不愉快なことがあったらしい。 病院は、武漢肺炎対策で外出自粛要請が出ている時期にあっても、体調の悪い人しか来ない場所なので、誰からも毛嫌いされる。 しかし持病のある人は…

出世しなかったら魅力がない.......の?

知り合いに、ユニークな夫婦がいる。 二人とも、学生時代に尋常でない経験をしたために、普通の就職先が見つからない。 そんな二人が結婚して、個人経営の塾を始めた。 最初は生徒が集まらず、マンツーマン指導で教えるしかなかった。 しかしそれが奏功し、…

相性の良し悪し

僕は、「夫婦相和し」の秘訣は会話だと確信している。 仲の良い夫婦は良く会話するが、仲が悪い夫婦間ではほとんどそれがない。 僕の知るある夫婦は、顔を合わせても共通の話題がない。 話すことがなければ、二人して気まずい時間を過ごすことになる。 する…